【アニメ】氷菓のあらすじや声優陣は?全話無料で見る方法や感想まとめ

米澤穂信さんによる「〈古典部〉シリーズ」を原作に、京都アニメーションによって制作されたアニメ「氷菓」。

2012年4月から9月まで放送され、まるで謎解きゲームのようなミステリーやキュンとくる青春要素、作画の美しさなどから注目を集めました。

今回は、そんなオススメアニメ作品「氷菓」の

  • あらすじ
  • 魅力や見どころ
  • 評判や口コミ
  • 声優
  • 次期放送や実写映画
  • 動画配信サービス

について紹介していきます。

無料でみる方法も合わせて紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

アニメ「氷菓」あらすじは?どんなストーリー?

2001年から刊行された米澤穂信さんの小説シリーズを基に作られた「氷菓」。

シリーズは第6弾まで出ており、その第1弾となる作品のタイトルがアニメと同じく「氷菓」となっています。

そんな本作は、日常に潜む謎を解いていくストーリーや淡い恋模様が魅力的です。

まずは「氷菓」のあらすじについて紹介します

日常の謎を解いていく学園青春ミステリー

進学校である神山高校へと入学した、高校1年生15才の主人公・折木奉太郎。

そんな奉太郎は“やらなくていいことはやらない”という省エネ主義で、委員会や部活動は避けるタイプでした。

しかし、かつて神山高校を卒業した姉・供恵の強制的な命令により、廃部寸前の「古典部」に入部することになります。

そこで出会ったのが、地元の名家・千反田家の一人娘の千反田えると、奉太郎の親友・福部里志、里志に恋する伊原摩耶花でした。

そして、好奇心旺盛なえるに振り回されながらいくつもの謎を解いていくうちに、古典部の文集である「氷菓」に隠された謎に挑むことに――。

本作は、えるの抱いた疑問や謎を、奉太郎が解いていくといった構成で物語が進んで行きますが、ミステリーでありながらも人が死ぬということもないため、重いシーンが苦手な方も安心して見ることができます

またアニメ「氷菓」では、

  • 原作の〈古典部〉シリーズの第1弾「氷菓」
  • 第2弾「愚者のエンドロール」
  • 第3弾「クドリャフカの順番」
  • 第4弾「遠まわりする雛」

までが映像化されています。

一度見るとハマってしまい5弾や6弾が気になるはずですよ!

ミミ

アニメ「氷菓」の魅力や見どころは?注目ポイント5選

そんな原作もアニメも大変人気を集めている「氷菓」ですが、ストーリーが面白いのはもちろん、他にも多くの“見逃せないポイント”があります。

これらのポイントをおさえることで、よりアニメを楽しめること間違いなしです!

ここからは「氷菓」の魅力や見どころについて5つピックアップして紹介していきますね!

おすすめポイント

  • 安定の作画!京都アニメーション制作
  • OPとEDが素晴らしい
  • キャラクターの個性が確立されていて魅力的
  • キュンとくる青春と日常ミステリーがイイ!
  • 原作も見逃せない!アニメでは描かれていないつづきも

安定の作画!京都アニメーション制作

アニメ「氷菓」の制作を担当しているのは、安定した作画で定評のある京都アニメーションです。

代表作には、“ただの人間には興味ありません!”の台詞で知られる「涼宮ハルヒの憂鬱」や美水かがみさんの4コマ漫画原作の「らき☆すた」などがあります。

近年では、部活動をテーマとした「響け!ユーフォニアム」や「ツルネ -風舞高校弓道部-」なども手掛けています。

どのシーンも完成度が高く、ぬるぬると滑らかに動くキャラクターも魅力的で、その作画の良さだけでも楽しむことができます。

OPとEDも見なきゃ損!

アニメを見るときにOPやEDが飛ばしてしまいがちですが、アニメ「氷菓」はどちらも見逃せないほどのクオリティ。

2クールで放送された本作はOPとEDは2つずつありますが、やはりどれも作画が美しく魅力的です

OPの魅力

1クール目のOPは高校生特有のみずみずしさや古典部らしい要素が詰まっており、主要キャラクターの特徴も簡潔かつ分かりやすく描かれています。

また、折木奉太郎が古典部に入部してから変化していく姿も見られ、細部まで見逃せないOPですよ!

2クール目のOPでは、奉太郎が寝ている間に見た夢の物語が描かれています。

2次元に閉じ込められてしまった奉太郎が学校や街をさまよっているも、誰にも気づいてもらえず。

しかし、古典部の部員だけは奉太郎の姿に気づいてくれて、3次元へ連れ戻してくれるといった構成になっています。

奉太郎からの古典部の印象が強く感じられるようなOPです。

EDの魅力

1クール目のEDでは、寝間着姿の千反田えると伊原摩耶花が描かれており、アニメの物語の中では見られない一面が映し出され、その可愛らしさが魅力的。

そして2クール目のEDでは、探偵であるえると摩耶花が怪盗の奉太郎と里志を追うストーリーになっており、2組の恋模様と重なるような展開になっています。

アニメの中身だけではなく氷菓ではOPやEDも是非注目してみてください。

ミミ

キャラクターの個性が確立されていて魅力的!

アニメ「氷菓」では、キャラクターの個性がしっかりしているのも魅力の1つ。

主人公の折木奉太郎は省エネ主義で淡白と思われがちですが、優しい性格の持ち主です。

本作のヒロインである千反田えるは、お嬢様で成績優秀。好奇心旺盛で何か気になることがあると、突っ走ってしまうタイプ。

また、鈍感で天然な一面もあり、そのギャップも可愛らしいキャラクターです。

古典部と手芸部を兼任している福部里志は、奉太郎の親友。興味があることには積極的で、自らを「データベース」と自認するほど幅広い知識を持っています。

里志に恋する伊原摩耶花は、奉太郎と腐れ縁の仲。童顔でありながらもかなりの毒舌で、他人にも自分にも厳しい人物。

以上がメインで登場するキャラクターですが、個性的でありながらも、周りを見渡せば1人はいるんじゃないかと思うほどのリアリティもあり、キャラクターに感情移入しやすいところも魅力的です。

私はやっぱり主人公の折木奉太郎が好きですけどね^^

ミミ

キュンとくる青春と日常ミステリーがイイ!

ミステリーではありつつも殺人事件などが起きるわけでなく、日常の何気ない謎を解いていく「氷菓」。

物語に登場するのはインパクトの強い重たい事件ではないものの、その答えが気になるような興味を引く事件であるため、ついつい見入ってしまいます。

また、省エネ主義で他人にあまり興味がなさげであった折木奉太郎が、次第に千反田えるに惹かれていく様子にはグッとくるものも。

他にも、福部里志を追って古典部に入部した伊原摩耶花の恋の行方からも目が離せません。

ミステリーあり青春ありで見どころ満載な作品です。

原作も見逃せない!アニメでは描かれていないつづきも

米澤穂信さんの〈古典部〉シリーズを原作としているアニメ「氷菓」。

本作で描かれているのはシリーズ第4弾までですが、現在第6弾までが刊行されています。

さらに、原作作品ではアニメでは描かれていないつづきも見ることができるため、アニメ好きも必見の内容となっています

また、原作シリーズの第1弾である「氷菓」は角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門にて奨励賞を受賞。

そして、シリーズ累計発行部数は245万部を突破するほどの人気シリーズです。

ぜひアニメとあわせてチェックしてみてください。

ミミ

アニメ「氷菓」の評判や口コミは?みんな意見を集めてみた!

おすすめのポイントなどを紹介したところです、次は今でも話題に上ることもあるアニメ「氷菓」の評判や口コミについて、いくつかピックアップして紹介していきます。

まずは良い評価や口コミから!

氷菓の良い口コミ

やはり「作画が良い」といった口コミが非常に多く見受けられ、2012年に放送されたアニメとは思えないという意見も。

他にも、キャラクターや日常ミステリー、ラブコメ要素があるところなども人気のようです。

氷菓の悪い口コミ

ネットでは比較的好評な「氷菓」ですが、中には悪い口コミなども。いくつか紹介していきます。

https://twitter.com/masuCRDQR/status/1119008834738016257

「内容がつまらない」「ラノベ口調がうっとうしい」「思った以上にくだらない」といった評判が見られました。

アニメ好きにとってはなんてことのない言葉遣いや展開も、アニメをあまり見ない方からすると受け入れがたいものなのかもしれませんね。

氷菓の口コミまとめ

アニメ「氷菓」の口コミについて調査した結果をまとめました!

  • 作画がきれい!絵を見ないともったいない
  • キャラクターがかわいい
  • ミステリーや謎解き要素が面白い
  • 中には口調や展開が苦手な人も

基本的には高い評価を受けている「氷菓」ですが、中には苦手な方もちらほら。

しかしやはり作画の美しさは必見のようで、目を見張るシーンや人物の滑らかな動きは特に魅力的と感じている方が多数いました!

また、アニメそのものは苦手でもキャラクターはかわいいから好きという口コミも見られましたよ!

アニメに好き嫌いはつきものですが、まだ見ていないなら見る価値は十分あるアニメですので、

是非一度ご覧になってみてはどうでしょうか?^^

アニメ「氷菓」の声優陣やキャストについて!代表作も合わせて紹介

高校生のキャラクターを中心として物語が進んで行くアニメ「氷菓」。

日常系にも分類されるため、声優さんの演技力も非常に重要となってきます。

そんな本作に出演している声優陣について紹介します。

省エネ高校生で主人公の折木奉太郎は「中村悠一」さん

省エネ主義の高校生・折木奉太郎の声を務めたのは、中村悠一さんです。

1980年2月20日生まれ、香川県出身。

声優を志して高校卒業後に上京し、当時は映画の吹替を中心に活動していました。

その後2001年に「電脳冒険記ウェブダイバー」にて声優デビュー。

代表作には「CLANNAD」シリーズや「デュラララ!!」シリーズ、「おそ松さん」などがあります。

中村さんといえば、正統派な青年ボイスから狂気染みた悪役など、幅広い演技力がポイント!

そんな中村さんは本作では、気だるげな高校生・奉太郎の声を演じています。

富裕農家の一人娘、千反田えるは「佐藤聡美」さん

豪農で知られている千反田えるの声を務めたのは、佐藤聡美さんです。

1986年5月8日生まれ、宮城県出身。

2007年に「かみちゃまかりん」で声優デビューを果たし、2009年には「けいおん!」の田井中律役で脚光を浴びました。

元々大人しいキャラクターを演じることが多かった佐藤さんですが、元気いっぱいで明るい律役を務めてからは役の幅も広がったようです。

その後は「きんいろモザイク」や「ご注文はうさぎですか?」「フルーツバスケット」などに出演しています。

奉太郎の親友の福部里志は「阪口大助」さん

奉太郎の理解者であり親友の福部里志役は、阪口大助さんが担当。

1973年10月11日生まれ、新潟県出身です。

「機動戦士ガンダム」に影響を受けて声優になり、1993年に「機動戦士Vガンダム」にて主人公のウッソ・エヴィン役で声優デビュー。

その後は「銀魂」の志村新八役や、「ゴッドイーター」の藤木コウタ役などを務めています。

やや高めの声質から弟系キャラを演じることが多く、騒がしいけれど憎み切れないような優し気な声が印象的です。

里志に想いを寄せる、伊原摩耶花は「茅野愛衣」さん

奉太郎と腐れ縁の仲であり、里志に恋する伊原摩耶花を演じたのは、茅野愛衣さん。

1987年9月13日生まれ、東京都出身です。

2010年にOVAにて声優デビューし、同年に「とある魔術の禁書目録II」にて初のレギュラー出演も。

2011年には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のヒロイン・本間芽衣子役を演じ、注目を集めました。

近年では「がっこうぐらし!」や「この素晴らしい世界に祝福を!」、「寄宿学校のジュリエット」などに出演しています。

演技力の高さに定評があり、幅広い役柄・シーンに対応できる演技派声優さんです。

アニメ「氷菓」の次期(2期作)予定はある?考察してみた

結論からいえばまだ2期情報は出ていないので、やるかどうかは不明です。

奉太郎のその後についてもぜひ映像化してほしい!と思うところですが、2期の放送についての情報は今のところありません。

しかし、アニメで描かれていない原作エピソードもあるため、完全にないとは言い切れないのではないでしょう。

アニメ「氷菓」は2012年に放送が開始し、2クールの22話で放送は終了しましたが、米澤穂信さんによる原作「〈古典部〉シリーズ」は続いていますからね。

あまり間が空きすぎてしまうと、ちょっと微妙なので個人的にはやるのであればできるだけ早い再開を待っています(笑)

「氷菓」の今後の情報からも目が離せませんね。

ミミ

アニメ「氷菓」を無料で見る方法とおすすめの動画配信サービス

色褪せない魅力がある、京都アニメーションの名作ともいえる「氷菓」。

次に本作を無料で見る方法とおすすめの動画配信サービスについて紹介します!

動画配信サービスの無料お試し期間での視聴がおすすめ!

2012年放送とかなり昔のアニメであるため、再放送される機会も非常に少ない「氷菓」ですが、動画配信サービスを利用すれば見ることができます!

さらに、動画配信サービスの無料お試し期間を利用すればお金がかかることもありません。

また「氷菓」の他にもさまざまなアニメ作品を見ることができ、他の京都アニメーション作品も視聴可能です。

「氷菓」を無料で見られる動画配信サービスは以下の通りです。

動画配信サービス 無料期間
Hulu 2週間無料
U-NEXT 31日間無料
auビデオパス 1か月間無料
dアニメストア 31日間無料

氷菓などアニメを見るならdアニメがおすすめ

上記のように数々の動画配信サイトで配信されている氷菓ですが、なかでもおすすめなのは「dアニメストア」です。

dアニメストアはアニメに特化している動画配信サイトなので、アニメの作品数も約2,900本以上と他の動画配信サービスを比較しても多いです。

動画配信サービス 作品数
dアニメストア 約2,900本
U-NEXT 約700~800本
auビデオパス 約300本
Hulu 約800本

また、無料期間も31日間とほぼ1ヶ月はお試しで見ることができるので、毎日氷菓を1話ずつ見ると計算しても十分すべての回を無料で見ることができます。

それにおそらくですが、dアニメストアであれば2期作などが開始されたときも見逃し配信などで、いち早く視聴することができるはずです。

ですので、もしたくさんある動画配信サービスでどれで氷菓を見ればいいか悩んでいるなら、まずはdアニメストアの無料視聴を試して見るのがおすすめですよ^^

実写映画版「氷菓」って何?誰が出演しているの?

米澤穂信さんの代表作ともいえる「〈古典部〉シリーズ」。

京都アニメーションによってアニメ化された後、2017年には実写映画化もされました!

監督は「呪怨 黒い少女」や「アンダー・ユア・ベッド」で知られる、安里麻里さんが担当。

ストーリーは原作に忠実に作られており、原作ファンも楽しめること間違いなしの作品となっています。

気になるキャストはこちら!

キャラ キャスト
折木奉太郎 山崎賢人
千反田える 広瀬アリス
福部里志 岡山天音
伊原摩耶花 小島藤子

アニメ化が成功していたこともあり、登場人物はアニメのキャラクターの印象が非常に強い中、その期待を裏切ることなく見事に演じ切っています。

ぜひ原作やアニメと併せてチェックしてみてください。


アニメ「氷菓」の感想まとめ

アニメ「氷菓」のあらすじやキャスト、魅力や無料で見る方法など紹介しました。

2012年に放送された作品ですが、今見ても色あせることなく、見どころたっぷりの作品となっています。

何といっても作画が非常に美しく、何度見ても見飽きることがありません。

ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です